25日の米国市場でNYダウは3日続落し、36ドル安となりました。

 

バイデン政権が掲げる追加経済対策の行方に不透明感がくすぶるほか、製薬大手メルクが新型コロナウイルスワクチンの開発を中止すると発表したことも失望を誘いました。

 

ナスダック総合指数は連日で過去最高値を更新しましたが、本日の日経平均はNYダウが下落した流れを引き継いで125円安からスタート。

 

寄り付き後も香港株などアジア市場が全般軟調だったことが重しになり、後場に28527.81円(前日比294.48円安)まで下落する場面がありました。

 

大引けの日経平均は前日比276.11円安の28546.18円。

 

東証1部の売買高は10億7061万株、売買代金は2兆3130億円でした。

 

業種別では、海運業、ゴム製品、非鉄金属が下落率上位でした。一方、電気・ガス業や水産・農林業など4業種が上昇した。東証1部の値下がり銘柄は全体の58%、対して値上がり銘柄は38%となりました。