2日の東京株式市場は前日の米株高を受け、主力銘柄を中心にリスクを取る動きが優勢となり、日経平均株価は続伸となりました。

 

大引けの日経平均株価は前営業日比271円12銭高の2万8362円17銭と続伸。東証1部の売買高概算は11億6898万株、売買代金概算は2兆5772億8000万円。

 

値上がり銘柄数は1730、対して値下がり銘柄数は379、変わらずは82銘柄でした。

 

きょうの東京市場は前日に続きリスクオンの地合いとなりました。前日の米国株市場でNYダウが反発し3万ドル台に復帰したほか、ハイテク株比率の高いナスダック総合指数の上昇が目立ち、市場に安心感が漂いました。

 

米国では個人投資家の投機的売買に対する懸念が後退したことで、市場のセンチメントが改善しました。

 

日経平均は前日に大幅高していた関係で、朝方高く始まった後は目先筋の利益確定売りで値を消す場面もありましたが、その後は再浮上しました。

 

政府は新型コロナウイルス感染拡大を背景とする緊急事態宣言について、東京など10都府県を対象に3月7日まで1カ月延長する方針を示しましたが、マーケットは想定内との見方で売り材料とはならなりませんでした。

 

為替が円安方向に振れていることで自動車株が買われたほか、非鉄や鉄鋼などの景気敏感株にも物色の矛先が向きました。