4日の東京株式市場は前日までの上昇の反動から利益確定の売りが優勢となり、日経平均株価は300円を超える下落となりました。

 

大引けの日経平均株価は前営業日比304円55銭安の2万8341円95銭と4日ぶり反落。

 

東証1部の売買高概算は13億4443万株、売買代金概算は2兆8045億8000万円。値上がり銘柄数は1116、対して値下がり銘柄数は984、変わらずは91銘柄でした。

 

きょうの東京市場は、前日の米国株市場で主要株価指数が高安まちまちの展開となったことを受け、リスク選好の動きが一服、朝方から主力株中心に利食われる銘柄が多くなりました。

 

特に、半導体関連や電子部品関連株などへの売りが続きました。一方、新型コロナウイルスの感染拡大を背景に売り込まれた景気敏感株が買い戻される動きも継続しました。

 

本格化する企業の決算発表は好調なものが多く、好決算銘柄などへの買いを中心に値上がり銘柄数は1100を超え値下がり銘柄数を上回りました。

 

個別ではソニー<6758>が業績上方修正を受けて商いを伴い大きく買われたが、この物色の流れが他の主力ハイテク銘柄には広がらなかった。ただ、売り買いは活発で全体売買代金は2兆8000億円と活況となりました。