8日の東京株式市場で日経平均株価は大幅続伸。

 

買い意欲が強く、日経平均株価は1990年8月以来、30年6カ月ぶりとなる2万9000円台を回復しました。

 

大引けの日経平均株価は前週末比609円31銭高の2万9388円50銭。東証1部の売買高概算は15億8595万株。売買代金概算は3兆3924億9000万円となりました。

 

値上がり銘柄数は1710と全体の約78%、値下がり銘柄数は429、変わらずは52銘柄だった。

 

前週末5日の米株式市場では、NYダウが92ドル高と5日続伸。米追加経済対策の成立への期待が膨らみました。

 

これを受けた週明けの東京市場は、日経平均株価は52円高でスタートしましたが、その後大口の買いが流入。600円を超す上昇となり、2万9000円台に乗せました。

 

ハイテク株のほか、鉄鋼や海運、銀行、不動産など景気敏感株に買いが流入し、33業種中全業種が上昇する全面高となりました。

 

TOPIXは18年1月高値1911を突破し91年6月以来、29年8カ月ぶりの水準に上昇しました。