10日の東京株式市場は売り買い交錯の展開となりましたが、下値では押し目買いが厚く、終盤は売り物が枯れて日経平均は続伸して引けました。

 

大引けの日経平均株価は前営業日比57円00銭高の2万9562円93銭と4日続伸。東証1部の売買高概算は13億2435万株、売買代金概算は2兆8828億6000万円。

 

値上がり銘柄数は947、対して値下がり銘柄数は1152、変わらずは92銘柄でした。

 

きょうの東京市場は、前日の米国株市場で主要株価指数が高安まちまちとなったことを受け、朝方はリスク回避の売りが優勢のなか始まりました。

 

しかし、下値では海外投資家とみられる大口の資金が主力銘柄を拾い、全体相場も頑強な値動きを示しました。

 

取引時間中は米株価指数先物やアジア株市場が堅調な値動きを示したことも安心感を誘いました。

 

国内企業の決算発表では増額修正銘柄などを買う動きが活発。特にきょう取引時間中の決算発表で注目を浴びたトヨタ自動車<7203>は今3月期の業績予想を上方修正し、株価も一時250円を超える上昇をみせるなど全体指数に貢献しました。

 

日経平均は最終盤に買いが入り高値引けとなり、売買代金は4日ぶりに3兆円台は下回ったものの高水準を維持しいます。