17日の東京株式市場は目先高値警戒感から利益確定の売りが優勢となり日経平均は終始マイナス圏で推移しました。

 

大引けの日経平均株価は前営業日比175円56銭安の3万292円19銭と3日ぶり反落。東証1部の売買高概算は13億7152万株、売買代金概算は2兆7670億3000万円。値上がり銘柄数は1145、値下がり銘柄数は965、変わらずは84銘柄でした。

 

きょうの東京市場は、前日の米国株市場で主要株指数が高安まちまちであったことを受けて、利益確定を急ぐ動きが顕在化しました。

 

日経平均は前日まで急ピッチの上昇をみせフシ目の3万円大台を大きく回復していたこともあって、目先達成感からいったん下値を試す展開となりました。

 

米国では景気回復期待から長期金利の上昇が目立ち、ハイテク株の上値を重くしており、その流れを東京市場も引き継ぎました。

 

ただ、一方で空運、海運、鉱業、鉄鋼など景気敏感株などを買う動きが全体を支え下げ幅は限定的でした。国内でワクチンの接種が始まったことも経済活動正常化への期待につながり、押し目買いを誘いました。

 

なお、値上がり銘柄数が1100を超えており値下がり数を上回っています。売買代金は3兆円台には届かなかったものの、2兆7000億円台と引き続き高水準となりました。