日経平均は4日ぶり反発。19日の米国市場でNYダウは小幅に反発し、0.98ドル高となりました。

 

追加経済対策の成立や新型コロナウイルスの普及加速に期待が高まりましたが、長期金利の上昇が上値を抑えました。

 

しかし、朝方はNYダウ先物が時間外取引で上昇していたうえ、日経平均は先週末にかけて3日続落したあとだっただけに、本日は263円高と反発してスタート。

 

前場には一時30458.13円(前週末比440.21円高)まで上昇したが、明日の祝日やパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の議会証言を前に伸び悩みました。

 

大引けの日経平均は前週末比138.11円高の30156.03円となりました。東証1部の売買高は12億5043万株、売買代金は2兆4636億円でした。

 

業種別では、空運業、海運業、非鉄金属が上昇率上位だった。一方、精密機器、医薬品、食料品が下落率上位だった。東証1部の値上がり銘柄は全体の70%、対して値下がり銘柄は26%となりました。