日経平均は反落。1日の米国市場でNYダウは大幅反発し、603ドル高となりました。新型コロナウイルスワクチンの普及加速が期待されるとともに、米国債市場の落ち着きや製造業景況感の向上も好感されました。

 

本日の日経平均はこうした流れを引き継いで276円高からスタートすると、寄り付き直後には一時29996.39円(前日比332.89円高)まで上昇。

 

ただ、節目の3万円に届かず失速すると、海外株安が重しとなってマイナス転換しました。後場には下げ幅を広げ、29314.82円(同348.68円安)まで下落する場面がありました。

 

大引けの日経平均は前日比255.33円安の29408.17円。東証1部の売買高は12億9267万株、売買代金は2兆6132億円でした。

 

業種別では、海運業、空運業、鉱業が下落率上位だった。一方、水産・農林業、その他金融業、機械が上昇率上位。東証1部の値下がり銘柄は全体の61%、対して値上がり銘柄は34%となりました。