日経平均は続落。4日の米国市場でNYダウは3日続落し、345ドル安となりました。

 

パウエル連邦準備理事会(FRB)議長の発言を受けて長期金利が再び急伸し、ハイテク株を中心に売りが続きました。

 

本日の日経平均はこうした流れを引き継いで204円安からスタートすると、前引けにかけて一時28308.57円(前日比621.54円安)まで下落。

 

ただ、中国の全国人民代表大会(全人代)で経済成長目標が示され、中国・香港株がプラス転換すると日経平均も下げ渋り。米雇用統計の発表を控えた週末とあって売り方の買い戻しも入りました。

 

大引けの日経平均は前日比65.79円安の28864.32円となりました。東証1部の売買高は14億3043万株、売買代金は3兆1752億円となりました。

 

業種別では、不動産業、サービス業、海運業が下落率上位だった。一方、鉱業、鉄鋼、電気・ガス業が上昇率上位だった。東証1部の値下がり銘柄は全体の34%、対して値上がり銘柄は62%となりました。