週明け15日の東京株式市場は総じて買い優勢の展開となり、日経平均は上値追い基調を継続。ただ、ハイテク株の一角が安く上げ幅は限定的でした。

 

大引けの日経平均株価は前営業日比49円14銭高の2万9766円97銭と5日続伸。

 

東証1部の売買高概算は15億4166万株、売買代金概算は2兆9345億9000万円。値上がり銘柄数は1800、対して値下がり銘柄数は338、変わらずは57銘柄でした。

 

きょうの東京市場はやや気迷い気味の値動き。前週末の米国株市場では、大型追加経済対策の成立やワクチン普及を背景とした景気回復期待の高まりを受けNYダウの最高値更新が続いたが、一方でハイテク株比率の高いナスダック総合指数は軟調。

 

米長期金利の上昇が重荷となり、半導体銘柄で構成されるSOX指数なども下落したことから、東京市場でも強弱感が対立する形となりました。

 

それでも海運や空運、鉄鋼などの景気敏感セクターが買いを集め、これが全体相場を支える格好となりました。

 

また、輸出ハイテク株の一角は売られたものの、外国為替市場でドル高・円安が進行していることを背景に、輸出セクターでも自動車株などが買いを集めた。

 

中小型株に買われる銘柄が多く、値上がり銘柄数は東証1部の8割強に達しました。売買代金は3兆円近くをこなした。