16日の東京株式市場は前日の米株高を受けリスクオンの流れが継続、日経平均株価は前場取引時間中に3万円大台を回復する場面もあったが後場は伸び悩みました。

 

大引けの日経平均株価は前営業日比154円12銭高の2万9921円09銭と6日続伸。

 

東証1部の売買高概算は14億1937万株、売買代金概算は2兆9091億円。値上がり銘柄数は1529、対して値下がり銘柄数は592、変わらずは74銘柄でした。

 

前日の米国株市場でNYダウが7日続伸と昨年8月以来となる連騰記録で最高値を連日更新、ハイテク株比率の高いナスダック総合指数も切り返しに転じたことを受け、きょうの東京市場は追い風が意識さました。

 

日米の中銀による金融政策会合を目前に控え、寄り付きは売り買いが交錯しマイナス圏に沈む場面もあったが、その後は水準を切り上げ、前場中ごろから上げ足に勢いがつきました。

 

グローバル景気の回復期待を背景に海運株や空運株が軒並み高に買われる一方、米長期金利の上昇一服を受け半導体関連などのハイテク株にも買い戻しが入りました。

 

不動産、小売り、建設株など内需株も堅調だった。日経平均は取引時間中としては約3週間ぶりに3万円大台を回復する場面がったが、後場に入ると前日までの連騰疲れもあって上げ幅を縮小する展開に。

 

ただし東証1部の約7割の銘柄が上昇するなど個別物色意欲は旺盛でした。