日経平均は大幅に4日続落しました。前日の米国株式市場ではNYダウは反落。欧州で新型コロナウイルスが収束せずドイツがロックダウン(都市封鎖)を延長するなど世界経済の回復に不透明感が広がりました。

 

また、四半期末にかけたリバランスなどの影響からか米10年物国債利回りの低下にもかかわらずハイテク株も下落。

 

こうした米株安や原油価格の下げなどが市場心理を悪化させ、日経平均は230円安で始まると一段と下げ幅を拡げる展開に。

 

後場は日銀による上場投資信託(ETF)買いへの思惑から一時は28500円を回復しましたが、アジア市場も軒並み大幅続落となるなか再び下げ幅を拡げる展開となり28500円を割り込んで引けました。

 

大引けの日経平均は前日比590.40円安の28405.52円となりました。東証1部の売買高は15億9135万株、売買代金は3兆2154億円でした。

 

セクター別では全面安となり、空運業、鉱業、海運業、鉄鋼、銀行業などが下落率上位となりました。東証1部の値上がり銘柄は6%、対して値下がり銘柄は全体の92%でした。