日経平均は反発。3月31日の米国市場でNYダウは続落し、85ドル安となりました。

 

月末・四半期末とあって利益確定の売りが目立ったほか、増税や債務拡大への懸念もあって上値が重かった。一方、ハイテクは売られ過ぎとの見方から買いが再燃し、ナスダック総合指数は1.5%の上昇。

 

本日の東京市場でも値がさ株を中心に買いが先行し、日経平均は263円高からスタートすると、前場中ごろには29585.46円(前日比406.66円高)まで上昇する場面がありました。

 

ただ、買いが一巡すると後場の寄り付きで上げ幅を大きく縮めました。

 

大引けの日経平均は前日比210.07円高の29388.87円。東証1部の売買高は12億4597万株、売買代金は2兆7186億円でした。

 

業種別では、精密機器、保険業、電気機器が上昇率上位だった。一方、鉄鋼、空運業、電気・ガス業が下落率上位だった。東証1部の値上がり銘柄は全体の39%、対して値下がり銘柄は58%となりました。