日経平均は反落。22日の米国市場でNYダウは反落し、321ドル安となりました。

 

バイデン大統領が富裕層のキャピタルゲイン税率を引き上げる案を検討していると報じられ、嫌気した売りが出ました。

 

また、東京市場では前日に決算発表した日本電産<6594>などで売りが先行したこともあり、本日の日経平均は249円安からスタートすると、朝方には一時28770.62円(前日比417.55円安)まで下落。

 

その後、主力株の押し目買いや緊急事態宣言の影響が懸念されていた銘柄の買い戻しで下げ幅を縮めたものの、29000円近辺で戻りは一服しました。

 

大引けの日経平均は前日比167.54円安の29020.63円となりました。

 

東証1部の売買高は9億5501万株、売買代金は2兆0044億円。業種別では、鉄鋼、機械、石油・石炭製品が下落率上位となりました。

 

一方、空運業、陸運業、ゴム製品が上昇率上位。東証1部の値下がり銘柄は全体の63%、対して値上がり銘柄は32%となりました。