日経平均は大幅反発。5日の米国市場でNYダウは2週間半ぶりに過去最高値を更新しました。インフレ加速や利上げへの警戒感が後退するとともに、予想を上回る企業決算や商品価格の上昇を受けて景気敏感株を中心に買いが入りました。

 

連休明けの東京市場ではこうした米株高が買い安心感につながり、日経平均は211円高からスタートすると、寄り付き後も上げ幅を拡大。前引けにかけて一時29430.22円(前営業日比617.59円高)まで上昇したが、後場に入ると利益確定の売りも出て高値もみ合いの展開となりました。

 

大引けの日経平均は前営業日比518.74円高の29331.37円となりました。東証1部の売買高は15億2611万株、売買代金は3兆3807億円と3月29日以来の高水準でした。

 

業種別では、鉄鋼、パルプ・紙、海運業が上昇率上位で、その他も全般堅調。その他製品のみ小幅に下落。東証1部の値上がり銘柄は全体の74%、対して値下がり銘柄は22%となりました。