週明け10日の東京株式市場は買いが先行し、日経平均は一時300円を超える上昇をみせる場面がありました。ただ、後場は上値が重くなり上げ幅を縮小しています。

 

大引けの日経平均株価は前営業日比160円52銭高の2万9518円34銭と3日続伸。

 

東証1部の売買高概算は11億2670万株、売買代金概算は2兆4641億6000万円。値上がり銘柄数は1482、対して値下がり銘柄数は614、変わらずは95銘柄でした。

 

きょうの東京市場は、前週末の欧米株高を受け大型株をはじめ広範囲に買い優勢の展開。

 

前週末の米国株市場では、注目された4月の米雇用統計が事前の市場コンセンサスを大幅に下回り、これを受けて金融緩和環境が長期化するとの思惑からリスク選好の流れとなり、NYダウは連日の最高値更新となった。これを東京市場でも引き継ぐ格好となりました。

 

寄り付きこそ売り買いを交錯させていたが、その後急速に上値指向に。前場後半には2万9700円近辺まで水準を切り上げた。ハイテク株は安い銘柄も目立つ展開だったが、鉄鋼などの景気敏感株に投資資金が集中し全体を押し上げました。

 

新型コロナウイルス感染拡大への影響が警戒されたほか、一部の値がさ株への売りが足を引っ張り、後場は上げ幅を縮小したが、日経平均は3週間ぶりの高値圏で着地しています。