17日の東京株式市場で日経平均株価は反落。利益確定売りが膨らみ一時400円を超す下落となる場面もありました。

 

大引けの日経平均株価は前週末比259円64銭安の2万7824円83銭。

 

東証1部の売買高概算は11億6498万株。売買代金概算は2兆4591億5100万円となりました。

 

値上がり銘柄数は908と全体の約41%、値下がり銘柄数は1211、変わらずは73銘柄でした。

 

前週末14日の米株式市場では、NYダウが前日比360ドル高と続伸。米長期金利の低下などが好感されました。

 

これを受けた東京市場も朝方は買い先行の展開で200円を超す上昇となる場面がありました。

 

しかし、買い一巡後は利益確定売りが膨らみマイナス圏に転じ、後場に入り下げ幅は拡大。

 

ハイテク株などへの売りが目立ち2万8000円台を割り込みました。