18日の東京株式市場で日経平均株価は急反発。下値に見直し買いが流入し2万8000円台を回復しました。

 

大引けの日経平均株価は前日比582円01銭高の2万8406円84銭。

 

東証1部の売買高概算は12億3150万株。売買代金概算は2兆7535億8100万円となりました。

 

値上がり銘柄数は1817と全体の約83%、値下がり銘柄数は322、変わらずは53銘柄。

 

前日の米株式市場では、NYダウが前日比54ドル安と3日ぶりに反落。

 

米長期金利の上昇が警戒されたが引けにかけ下げ幅を縮小したこともあり、東京市場は値を上げてスタート。

 

下値には見直し買いが流入し、ハイテク株、景気敏感株ともに上昇した。日経平均株価は一時600円を超す上昇。

 

この日発表された1~3月期国内総生産(GDP)は前期比年率で5.1%減と予想を下回ったが、市場の反応は限定的となりました。