日経平均は4日続伸。24日の米国市場でNYダウは3日続伸し、186ドル高となりました。

暗号資産(仮想通貨)ビットコインの反発や長期金利の落ち着き、新型コロナウイルスワクチンの普及が投資家心理を上向かせました。

本日の日経平均はこうした流れを引き継いで152円高からスタートすると、値がさ株がけん引役となって、前場中ごろには一時28576.97円(前日比212.36円高)まで上昇。

引き続き28600円に迫る場面では利益確定の売りが出て上値を抑えられたが、アジア株高などを追い風におおむね堅調に推移しました。

大引けの日経平均は前日比189.37円高の28553.98円。東証1部の売買高は9億9296万株、売買代金は2兆2039億円でした。

業種別では、証券、その他製品、鉄鋼が上昇率上位でした。一方、海運業、パルプ・紙、水産・農林業が下落率上位だった。東証1部の値上がり銘柄は全体の32%、対して値下がり銘柄は65%となりました。