27日の東京株式市場は、前日の米国株市場で主要株指数が反発したものの小動きに終始したこともあって、手掛かり材料に事欠き利食い優勢の地合いとなりました。

大引けの日経平均株価は前営業日比93円18銭安の2万8549円01銭と6日ぶり反落。

東証1部の売買高概算は24億432万株、売買代金概算は5兆5995億6000万円。値上がり銘柄数は474、対して値下がり銘柄数は1647、変わらずは71銘柄でした。

きょうの東京市場は朝方から買い手控えムードが強かったです。前日まで日経平均株価は5日続伸していたことで連騰疲れがあったほか、米株市場でNYダウやナスダックが反発に転じたものの上値が重く、目先戻り売り圧力が意識されたこともあって、それに追随する動きとなりました。

日経平均は一時280円あまり下落したが、その後は押し目買いに下げ渋っりました。

ただ、引け際にMSCIの指数見直しに伴う取引が行われる予定であったことから、それを前にして持ち高を積極的に増やす動きは見られませんでした。

全体売買代金は大きく膨らみ5兆6000億円近くに達した。これは2018年2月以来約3年3か月ぶりの高水準。

MSCI絡みの取引で3兆円規模の上乗せがあったと推察されています。値下がり銘柄数は1600を上回り、全体の75%の銘柄が下落しました。