日経平均は3日ぶり反落。3日の米国市場でNYダウは6日ぶりに小幅反落し、23ドル安となりました。

 

雇用・非製造業景況感の指標がいずれも市場予想以上に良好な内容で、長期金利の上昇とともにハイテク株を中心に売りが出ました。

 

米連邦準備理事会(FRB)による金融緩和の早期縮小への警戒感も高まり、本日の日経平均は156円安からスタート。

 

朝方には一時28764.68円(前日比293.43円安)まで下落しましたが、今晩の米5月雇用統計の発表を前に積極的な売買は手控えられ、やや下げ渋ったのち軟調もみ合いとなりました。

 

大引けの日経平均は前日比116.59円安の28941.52円。東証1部の売買高は10億5682万株、売買代金は2兆3678億円でした。

 

業種別では、サービス業、情報・通信業、電気・ガス業が下落率上位だった。一方、パルプ・紙、海運業、石油・石炭製品が上昇率上位。東証1部の値下がり銘柄は全体の48%、対して値上がり銘柄は47%となりました。