15日の東京株式市場は買い優勢の展開となり、日経平均は2万9400円近辺でいったん戻り売りを浴びたものの後場買い直され、高値圏で売り物を吸収しました。

 

大引けの日経平均株価は前営業日比279円50銭高の2万9441円30銭と続伸。

 

東証1部の売買高概算は9億7279万株、売買代金概算は2兆3725億円。

 

値上がり銘柄数は1218、対して値下がり銘柄数は841、変わらずは135銘柄でした。

 

きょうの東京市場はリスク選好の地合いでした。前日の米国株市場でハイテク株比率の高いナスダック総合指数が過去最高値に買われたほか、フィラデルフィア半導体株指数(SOX指数)も戻り歩調を強めていることで、半導体関連などを中心に買いが優勢となりました。

 

15~16日の日程で行われるFOMCの結果とその後のパウエルFRB議長の会見を見たいという思惑はあるものの、FOMC通過後に高いとみた向きの買いが前倒し的に流入しました。

 

外国為替市場でドルが買われ足もと1ドル=110円台の推移と円安に振れたことも輸出株には有利な材料となった。一方、鉄鋼、空運など景気敏感セクターには利食い圧力が表面化し、値上がり銘柄数は1200強にとどまった。結局、日経平均は2万9400円台で着地。5月10日以来約1カ月ぶりとなる高値水準に。