9日の東京株式市場で日経平均株価は3日続落。前日の米株安もあり日経平均株価は一時700円近い下落となる場面があったが、後場に入り下げ幅は急速に縮小しました。

 

大引けの日経平均株価は前日比177円61銭安の2万7940円42銭。東証1部の売買高概算は14億2564万株。売買代金概算は3兆3240億円となりました。

 

値上がり銘柄数は907と全体の約41%、値下がり銘柄数は1175、変わらずは110銘柄でした。

 

前日の米株式市場では、NYダウが259ドル安。世界で新型コロナウイルスの感染拡大が続くなか、米景気の先行き警戒感が台頭した。

 

これを受けた東京市場も売り先行でスタート。日本政府が東京都に4度目の緊急事態宣言を発令する方針を決定したことも嫌気されました。

 

景気敏感株などに売りが膨らむなか、日経平均株価は2万8000円を割り込み、一時下げ幅は698円に達しました。

 

ただ、後場に入ってからは急速に下げ渋る展開。日銀のETF買いの思惑も台頭し下値には買い戻しが流入し結局、日経平均株価は170円強の下落で取引を終えました。