12日の東京株式市場は、前週末の欧米株高を引き継ぎ切り返し急となり、日経平均株価は600円を超える上昇で2万8000円台を大きく回復しました。

 

大引けの日経平均株価は前営業日比628円60銭高の2万8569円02銭と4日ぶり急反発。

 

東証1部の売買高概算は10億3577万株、売買代金概算は2兆3803億円。値上がり銘柄数は2010、対して値下がり銘柄数は149、変わらずは33銘柄でした。

 

きょうの東京市場は、先物主導で日経平均が急反発に転じました。前週の株式需給悪が一巡し、リスクオフの巻き戻しで一気に2万8000円台半ばまで水準を戻しました。

 

前週の欧州株式市場が軒並み高かったほか、米国株市場ではNYダウなど主要株指数が揃って過去最高値を更新、東京市場もこれに追随する格好なりました。

 

寄り前に発表した5月の機械受注が事前コンセンサスを上回り、機械セクターなどが買われたほか、米国株市場でフィラデルフィア半導体株指数(SOX指数)が反発に転じたこともあって半導体関連株にも物色の矛先が向かいました。

 

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、東京都に4度目となる緊急事態宣言が適用されたが、これについては織り込みが進んでおり影響はほとんどなかった。日経平均は6月22日以来の大幅な上昇となりました。