7月15日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり13銘柄、値下がり208銘柄、変わらず4銘柄となりました。

 

日経平均は続落。14日の米国市場でNYダウは反発し、44ドル高となりました。

 

6月の卸売物価指数(PPI)が市場予想を上回ったものの、パウエル連邦準備理事会(FRB)議長が金融緩和の縮小を急がない姿勢を示し、買い安心感につながりました。

 

ただ、半導体関連株などに売りが出て、ナスダック総合指数は続落。また、国内での新型コロナウイルス感染拡大が懸念され、本日の日経平均は69円安からスタートすると下げ幅を広げました。

 

中国経済の減速なども意識され、引けにかけて一時28240.21円(前日比368.28円安)まで下落した。

 

大引けの日経平均は前日比329.40円安の28279.09円。

 

東証1部の売買高は9億7117万株、売買代金は2兆1142億円でした。

 

業種別では、鉱業、その他金融業、陸運業が下落率上位で、その他も全般軟調。上昇したのは鉄鋼のみ。

 

東証1部の値下がり銘柄は全体の84%、対して値上がり銘柄は13%となりました。