27日の東京株式市場は、前日の米国株市場でNYダウなど主要株指数が小幅ながら揃って最高値を更新したことを受けリスク選好の流れとなりました。

 

大引けの日経平均株価は前営業日136円93銭高の2万7970円22銭と3日続伸。

 

東証1部の売買高概算は9億3897万株、売買代金概算は1兆9971億円。値上がり銘柄数は1571、対して値下がり銘柄数は536、変わらずは84銘柄でした。

 

きょうの東京市場は、日経平均株価が終始プラス圏で推移し、一時2万8000円台を回復する場面もあったが上値の重さも意識されました。

 

前日の米株高で日本株の出遅れ感が意識されたが、きょうからあすにかけて行われるFOMCの結果とパウエルFRB議長の記者会見を見極めたいとの思惑から、買いポジションを高める動きは限定的でした。

 

新型コロナウイルスの感染拡大も引き続き警戒されています。

 

業種別では空運、非鉄、鉄鋼などが買われ、不動産や銀行にも買いが流入しバリュー株物色の色が強い。企業の決算発表本格化を前に好決算期待の銘柄を買う動きも活発。値上がり銘柄数は全体の7割強に達したが、市場エネルギーは今一つで売買代金は2兆円台を下回りました。売買代金が2兆円台を割り込んだのは7月6日以来、13営業日ぶりです。