日経平均は4日ぶりに大幅反落。27日のNYダウは85.79ドル安と6日ぶりに反落。6月耐久財受注速報値が予想を下回ったことや新型コロナ感染再拡大への警戒感から景気回復が懸念されました。

 

決算を控えた主要ハイテク株も売られ、ナスダックも1.21%安と6日ぶりに反落した。米株安のほか、27日の東京都でのコロナ新規感染者数が過去最多の2848人を記録したこともあり、日経平均は295.23円安の27674.99円でスタート。

 

200日移動平均線を意識した底堅さがしばらく見られたが、前場中頃からは下げ幅を300円以上に拡げました。

 

連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表を明日に控えるなか、中国政府による規制強化を嫌気した中国株安や時間外の米株価指数先物の軟調を背景に、後場は更に下げ幅を拡げる展開となり、27466.99円(503.23円安)まで下げる場面もみられました。

 

大引けの日経平均は前日比388.56円安の27581.66円となりました。東証1部の売買高は10億3788万株、売買代金は2兆2055億円。

 

セクター別で金属製品、情報・通信業、サービス業などが下落率上位に並んだ一方、鉄鋼、石油・石炭製品、パルプ・紙などが上昇率上位に並びました。

 

東証1部の値下がり銘柄は全体の76%、対して値上がり銘柄は全体の19%でした。