11月4日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり184銘柄、値下がり39銘柄、変わらず2銘柄となりました。

 

日経平均は反発。米国市場では連邦公開市場委員会(FOMC)を挟んで主要株価指数の最高値更新が続き、祝日明けの日経平均も338円高からスタート。

 

朝方に一時29880.81円(前営業日比359.91円高)まで上昇すると、取引時間中のトヨタ自<7203>決算発表や5日の米10月雇用統計発表を前にやや上値が重く、海運株が決算発表を受けて後場急落したことも日経平均を押し下げる場面がありました。

 

ただ、トヨタ自は決算発表直後の売買が一巡するとプラス圏で推移し、日経平均も引けにかけてやや強含みました。

 

大引けの日経平均は前営業日比273.47円高の29794.37円。終値としては9月28日以来の高値水準。

 

東証1部の売買高は14億8277万株、売買代金は3兆6854億円でした。業種別では、繊維製品、電気機器、倉庫・運輸関連業が上昇率上位。

 

一方、海運業、鉱業、その他製品が下落率上位だった。東証1部の値上がり銘柄は全体の72%、対して値下がり銘柄は25%となりました。