12月2日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり74銘柄、値下がり147銘柄、変わらず4銘柄となりました。

 

日経平均は反落。前日の米株式市場でNYダウは大幅続落。ワクチンの有効性を示唆する報道を受けて上昇して始まりました。

 

しかし、量的緩和縮小(テーパリング)の加速懸念から上げ幅を縮小。引けにかけては、米国内で初のオミクロン株感染者が確認されたことで、大きく下落に転換。

 

ハイテク株にも売りが広がり、ナスダック総合指数も大幅に続落。米株安の流れを引き継ぎ、日経平均は219.42円安でスタート。

 

値ごろ感からの押し目買いが入り、一時はプラス圏に浮上する場面も見られた。しかし、時間外の米株価指数先物の上昇が下支えする一方、変異株や米金融政策を巡る不透明感を背景とした戻り待ちの売りも強く、その後はマイナス圏での一進一退が続きました。

 

大引けの日経平均は前日比182.25円安の27753.37円。東証1部の売買高は13億4849万株、売買代金は3兆1477億円でした。

 

セクターでは鉱業、空運業、精密機器などが下落率上位に並んだ一方、海運業、電気・ガス業、ゴム製品などが上昇率上位に並びました。東証1部の値下がり銘柄は全体の65%、対して値上がり銘柄は30%となりました。