本日株価が大きく変動した銘柄の中から当サイトがピックアップした銘柄に関するニュースをお送りします。

[2681]ゲオホールディングス 1,717円 前日比+300(+21.17%)S高

大幅続伸でストップ高。前日に発表した第1四半期決算がポジティブなサプライズとなっています。

営業利益は37.2億円で前年同期22.7%増益通期予想は86億円で前期比41.4%の減益予想であり、想定外に好調なスタートとなっています。

「セカンドストリート」の順調な新規出店が進み、リユースの伸長が利益増に寄与しました。

また、効率的なオペレーションの見直しなどにより販管費率も低下しています。

 

[3431]宮地エンジ 2,340円 前日比+400(+20.62%)S高

ストップ高比例配分。前日に第1四半期決算を発表、営業利益は14.9億円で前年同期比27.8%増益となりました。

従来の上半期計画を大幅に上回る着地となり、会社側では上半期予想を10億円から20億円に、通期は23億円から40億円に、それぞれ大幅に上方修正しています。

各工事の進捗が順調に推移して、想定以上に採算が改善した工事もあるもようです。

年間配当金も従来の40円から60円引き上げています。

 

[6340]澁谷工業 4,190円 前日比+700(+20.06%)S高

ストップ高。前日に前6月期の決算を発表、営業利益は96億円で前期比12.3%増益、従来予想の91億円を上回る着地となりました。

また、今期見通しは102億円で同6.2%増益としており、想定以上に堅調な推移と捉えられています。

また、前期配当金は40円から50円に引き上げで前々期比で5円の増配です。

今期は60円予想とさらなる引き上げを計画しています。

 

[6773]パイオニア 133円 前日比+15(+12.71%)

大幅反発。リスク注記などが不安視され、決算発表後に株価は急落していましたが、本日は、カルソニックカンセイなど複数社に支援を要請、資本・業務提携する検討に入ったとの報道が伝わり、押し目買い材料とされています。

外部資本の受け入れによる再建資金の確保を狙いとしているもようです。

当面は、9月下旬に返済期限を迎える借入金の手当てが焦点となっており、銀行などでは提携など新たな経営再建策の提示を条件としているようです。

 

[4911]資生堂 8,140円 前日比+592(+7.84%)

大幅反発。前日は取引時間中の決算発表後に急落しました。

第1四半期は市場予想を大幅に上回る決算となりましたが、通期の上方修正値は市場予想を下回り、実質下期は大幅減益見通しの形となったことから、出尽くし感が強まりました。

ただ、説明会では、原価改善策によって修正計画比100から150億円の上乗せに意欲を示したこと、下期に追加マーケティング費用増を織り込んでいることなどが明らかとなり、見直しの動きが急速に強まる形になりました。