本日株価が大きく変動した銘柄の中から当サイトがピックアップした銘柄に関するニュースをお送りします。

[2459] アウンコンサルティング 337円 前日比+80(+31.13%)S高

大幅続伸で年初来高値を一気に更新。中国の決済サービス大手ラカラの日本法人と一次代理店契約を締結したと発表し、今後の業容拡大につながるとして買い材料視されています。

日本国内での電子決済「アリペイ」、「ウィーチャットペイ」普及推進が目的です。

これまで培ってきたインバウンドマーケティング経験やノウハウをもとに、加盟店増加の推進とラカラのメディアにおいて、中国向けインバウンドマーケティングを強化する方針です。

 

[4308] Jストリーム 616円 前日比+100(+19.38%)S高

ストップ高。27日の取引終了後、同社が提供する「マルチCDN」サービスが、[9409]テレビ朝日ホールディングス傘下のテレビ朝日の動画配信サイト「テレ朝動画」や、番組宣伝動画などの動画配信基盤に導入されたと発表しました。

同社では、米セデクシス社が提供するマルチCDNサービスを提供しており、同サービスを利用することで、複数のCDNを利用し、高速かつ安定した動画配信を実現できるといいます。

 

[3423] エスイー 625円 前日比+68(+12.21%)

大幅に3日続伸。9月30日を基準日に1対2の割合で株式分割すると発表しています。

投資単位当たりの金額を引き下げ、株式の流動性向上と投資家層の拡大を図ることが目的です。

また、分割を受けて19年3月期の年間配当を従来予想の18.00円から10.00円(前期実績18.00円)に変更し、分割前換算で増額修正します。

併せて株主優待制度の対象を従来の保有株数1000株以上から2000株以上に引き上げます。

 

[7865] ピープル 1,403円 前日比+120(+9.35%)

急伸。19年1月期第2四半期累計の営業利益を従来予想の0.75億円から1.00億円(財務諸表を作成していないため、前期実績は非公表)に上方修正しています。

国内販売で乳児・知育玩具の定番品が予想より上向き、女児玩具や育児用品等が想定を超えて追加受注されました。

また、海外販売で7月度の船積みが締め日期限内に集中して出航されたことも影響しました。

通期予想は年末商戦期間の業績に左右されるとして非公表です。

 

[2778] パレモ・ホールディングス 355円 前日比+22(+6.61%)

大幅続伸。8月の既存店売上高が前年同月比0.5%減だったと発表しています。

7カ月連続のマイナスで、下落率は前月(2.7%減)から鈍化しました。

客数は5.4%減客単価は5.2%増です。

アパレル事業で盛夏物のリゾート系アイテムが好調だったほか、雑貨事業では夏シーズン商品や暑さ対策の生活関連雑貨を中心に堅調に推移しています。

台風や酷暑の影響でマイナスになったものの、底堅い結果となったことから買い安心感が生まれています。