本日株価が大きく変動した銘柄の中から当サイトがピックアップした銘柄に関するニュースをお送りします。

[8944] ランドビジネス 430円 前日比+80(+22.86%)S高

ストップ高。同社は18日の取引終了後に自社株買いを発表しており、これを好材料視した買いが入っています。

今回発表した自社株買いでは、上限を165万株(発行済み株数の6.58%)、または5億円としており、取得期間は9月19日から来年9月18日までです。

株主への利益還元の向上及び経営環境の変化に対応した機動的な資本政策を行うためとしています。 

 

[1711] 省電舎ホールディングス 548円 前日比+80(+17.09%)S高

ストップ高。同社は18日の取引終了後、過去に不適切な会計処理が行われたことに対する再発防止策を発表しており、これを好感した買いが入っています。

同社では外部からの指摘により、過去の決算について不適切な会計処理が行われた可能性があることを把握しました。

その後の第三者委員会の設置により架空売り上げの計上や、案件間の工事原価の付け替えおよび工事進行基準を適用した案件における工事原価総額の過小見積りによる売り上げ・利益の前倒し計上などの不正な会計処理などが継続的に行われていたことが明らかになりました。

これに対してコンプライアンス・関連法令・上場規則などに関する社員研修の実施や、外部講師による経理セクション並びに営業セクションの会計知識の向上、内部管理体制の充実などの防止策を実施するといいます。

なお、同社は東京証券取引所から9月1日付で特設注意市場銘柄に指定されていましたが、再発防止策発表で解除への期待も働いているようです。  

 

[3698] CRI・ミドルウェア 3,035円 前日比+356(+13.29%)

急伸で年初来高値更新。統合型サウンドミドルウェア「CRI ADX2」の大型アップデートを26日に実施すると発表しました。

ツールの操作性を大幅に向上させる操作レイアウトの刷新とスマートフォンアプリ開発などで使用されているmacOS対応のサウンドオーサリングツールの正式リリースを行います。

今回のアップデートで、より効率的なゲーム開発をサポートするといいます。

アップデートで新規の需要が期待できるとして買いが入っています。

 

[4228] 積水化成品工業 1,102円 前日比+121(+12.33%)

後場一段高。同社はきょう、タイ子会社が同国内で2拠点目となる工場を新設し、高機能および汎用発泡プラスチック成形品の生産を開始したと発表しました。

これが買い手掛かりとなっているようです。

タイ子会社であるSekisui Plasticsは、主に梱包資材や部材を自動車部品メーカーに供給しており、工場新設は電気自動車(EV)シフトが世界的に加速するなか、部材の軽量化・安全性・断熱性能向上などに寄与できる素材への要望が高まっていることが背景です。

今後の販売計画は、2020年度にタイ全体で約40億円としています。

 

[6904] 原田工業 803円 前日比+65(+8.81%)

急反発。同社は18日の取引終了後、東京証券取引所の承認を受けて、9月25日付で東証2部から東証1部へ指定されることになったと発表しており、TOPIX連動ファンドなどによる買い需要を先取りする形で買いが入っています

同社は自動車用アンテナの国内トップメーカーです。

19年3月期連結業績予想は、売上高420億円(前期比2.2%減)、経常利益20億円(同14.9%減)を見込んでいます。