本日株価が大きく変動した銘柄の中から当サイトがピックアップした銘柄に関するニュースをお送りします。

[2693] YKT 482円 前日比+80(+19.90%)S高

ストップ高。18年12月期の営業利益を従来予想の3.70億円から4.10億円(前期実績1.73億円)に上方修正しています。

海外市場でのスマートフォンや自動車関連を中心とした旺盛な設備投資需要により、電子部品実装機等の電子機器販売が当初計画を上回る水準で推移しました。

第3四半期累計は前年同期比149.2%増の4.08億円で着地しました。進捗率は99.5%に達しています。

 

[3932] アカツキ企業名 5,150円 前日比+695(+15.60%)

一時ストップ高。先週末に上半期の決算を発表、営業利益は53億円で前年同期比5.0%増益、7-9月期が35.8%増益となり、第1四半期の同34.6%減から一転して増益決算となりました。

想定以上の収益回復を好感する動きが先行へ。バンナムとの協業タイトル「ドラゴンボールZ ドッカンバトル」の好調などが寄与したほか、買収会社の貢献も業績を押し上げたようです。

 

[3054] ハイパー 631円 前日比+78(+14.10%)

一時ストップ高。連結子会社のセキュリティアが次世代型セキュリティ製品「Bromium Secure Platform」の販売を開始したと発表しています。

既存のインターネット分離の問題点をアプリケーション分離により解決した製品といいます。

セキュリティ関連及び運用管理ソフトウエアの販売・教育・保守などを手掛けるブロードと販売代理店契約を締結しています。

 

[2349] エヌアイデイ 4,295円 前日比+415(+10.70%)

急伸で年初来高値更新。30日を基準日に1株につき3株の割合で分割すると発表しています。

投資単位当たりの金額を引き下げ、投資しやすい環境を整えるとともに投資家層の拡大及び株式の流動性向上を図ることが目的です。

19年3月期第2四半期累計の営業利益はフィナンシャルシステム事業などが伸長し、前年同期比9.9%増の8.48億円で着地しました。通期予想(前期比6.9%減の17.00億円)は据え置きました。

 

[2415] ヒューマン 2,080円 前日比+187(+9.88%)

大幅に続伸。19年3月期第2四半期累計の営業利益を従来予想の4.40億円から8.69億円(前年同期実績9.78億円)に上方修正しました。

人材関連事業で需要が好調だったことに加え、介護事業でも適正な人員配置によるサービスの最適化など各種施策が順調に進みました。

通期予想(前期比0.9%減の18.78億円)は据え置きました。

進捗率は46.3%ですが、第2四半期の修正幅が大きかったことが好感されました。