本日株価が大きく変動した銘柄の中から当サイトがピックアップした銘柄に関するニュースをお送りします。

[4996] クミアイ化学工業 766円 前日比+100(+15.02%)S高

ストップ高。先週末に前10月期の決算を発表し、営業利益は55.8億円で前期比48.3%増の大幅増益となりました

従来計画の46億円を大幅に上回る着地となっています。

経営統合効果などが想定以上に顕在化したもよう。前期末配当金も従来計画の5円から7円に引き上げています。

また、今10月期も61億円で同9.3%増と連続増益の見通しです。前期実績が上振れた分、今期見通しもコンセンサスを上回っているとみられます。

 

[6184] 鎌倉新書 1,492円 前日比+165(+12.43%)

急騰。引き続き13日発表の好決算が買い材料視されています。

岩井コスモ証券では、投資判断「A」を継続で、目標株価を1650円から1750円に引き上げました。

ライフエンディングに対する関心が高まり、関連事業を手掛ける同社の業績拡大は加速化し始めており、高齢化社会の進展やネット利用者の増加を追い風に中期成長が期待できる企業として注目しています。

今期営業利益予想7.4億円に対して来期は12億円を予想しています。

 

[4343] イオンファンタジー 3,165円 前日比+223(+7.58%)

大幅反発。先週末に発表した11月の月次動向が買い材料となっています。

国内既存店売上高は前年同月比3.0%減と2カ月連続のマイナスとなりましたが、10月の同12.5%減からは改善しています。

また、曜日調整後では同1.5%増となり、6カ月ぶりの前年比プラスとなっています。

部門別では、主力のプライズ部門やメダル部門が順調でした。

前月の落ち込みを受けて株価は大きく調整していただけに、安心感は強まっているようです。

 

[3038] 神戸物産 3,310円 前日比+215(+6.95%)

急反発。先週末発表の前10月期の好決算を材料視しています。

経常益は158億円で前期比0.3%増、従来は148億円で同6.2%減の減益予想であったため、一転して増益での着地になりました。

今10月期も163億円で同3.0%増と、6期連続での最高益更新見通しです。

「業務スーパー」の新規出店効果などが業績拡大をけん引へ。また、前期年間配当は60円から65円に引き上げ、今期は35円計画で、分割前ベースでは70円と増配になります。

 

[2282] 日本ハム 4,335円 前日比+185(+4.46%)

大幅反発。発行済み株式数の4.65%に当たる500万株、200億円を上限とする自己株式の取得を発表しています。

取得期間は本日から19年3月31日までです。取得した自社株の大部分は消却するとしています。

今後も大型投資を控えるなどキャッシュフローは潤沢でないものの、株価の低迷を会社側が強く意識しているものとして、目先の需給期待とともに好感する動きが先行しています。