本日株価が大きく変動した銘柄の中から当サイトがピックアップした銘柄に関するニュースをお送りします。

[6094] フリークHD 1,570円 前日比+225(+16.73%)

一時ストップ高。[8001]伊藤忠商事と資本業務提携し、投資契約及び業務提携契約を締結すると発表しました。

デジタルマーケティング領域での新規サービスの共同開発や海外事業の拡大などで提携しました。

伊藤忠は第三者割当増資及び譲渡でフリークアウト株283万5700株(所有議決権数の割合は18.00%)を取得します。

また、事業の成長と資金調達を優先させるとして、東証本則市場への市場変更申請を取り下げました。

 

[3452] ビーロット 1,412円 前日比+156(+12.42%)

一時ストップ高。同社は17日の取引終了後、18年12月期の連結業績予想について、売上高を200億円から202億2200万円(前期比54.4%増)へ、営業利益を25億1200万円から32億8100万円(同38.7%増)へ、純利益を14億1400万円から19億3500万円(同54.8%増)へ上方修正したことが好感されています。

第4四半期において、主要事業である不動産投資開発事業における販売用不動産の売却が相次ぎ、高利益率が積み重なったことが売上高・利益を押し上げました。

 

[1905] テノックス 936円 前日比+61(+6.97%)

一時ストップ高。同社は地盤工事を展開していますが、安倍政権が「3年集中」を看板に掲げ2次補正で注力推進する国土強靱化では、テノコラム工法など独自工法を武器に受注拡大への期待があります。

19年3月期の影響2割増益に続き、20年3月期も2ケタ伸長が有望視されます。

同社株は3%台の高配当利回りを有するにも関わらず、PBRが0.5倍台と超割安圏にあり、目先水準訂正高を狙った投資資金の流入が加速しています。

 

[9742] アイネス 1,136円 前日比+58(+5.38%)

大幅高で4日ぶりに反発。同社は17日の取引終了後に自社株買いを発表しており、これを好感した買いが入っています。

今回発表の自社株買いでは、上限を165万株(発行済み株数の6.50%)、または20億円としており、取得期間は12月18日から来年3月11日までです。

経営環境の変化に対応した機動的な資本政策を遂行するとともに、資本効率の向上と株主還元の充実を図るために実施するとしています。

 

[3024] クリエイト 899円 前日比+40(+4.66%)

8日続伸。同社は給水・排水管や継手、バルブ、水栓金具など管工機材の卸売最大手です。

大阪市西区に本社を置き、大阪万博やカジノ関連で建設が活発化するホテルや商業施設の排水関連機材で商機が高まるとの思惑があり、会社側も期待を寄せています。

また、水道法改正案の成立で今後水道事業の民営化が同社にとって追い風となります。

10月には子会社クリテックが特定建設業の許可及び工事種類を追加取得したことで収益機会が広がっています。

PER11倍台、PBR0.8倍台は依然として割安感が強いです。