本日株価が大きく変動した銘柄の中から当サイトがピックアップした銘柄に関するニュースをお送りします。

[6190] ユニックスバイオ 780円 前日比+104(+15.38%)S高

ストップ高。「ヒト肝細胞を有するキメラマウス」のホストマウスとして使用しているcDNA導入ウロキナーゼ型プラスミノーゲンアクチベーター・トランスジェニックマウスについて、日本、米国、欧州、中国に続いてカナダで特許登録されたと発表しています。

本特許のマウスは従来に比べて長期間の実験が可能。今回の特許登録により、出願した全ての国及び地域で知的財産権が強化されたことになります。

 

[3556] リネットジャパン 960円 前日比+98(+11.37%)

大幅に7日続伸しました。足元では、カンボジアの人材送り出し事業やネットリサイクル事業に対する成長期待の高まりを背景に、10月5日以来約1ヵ月半ぶりとなる節目の1000円超えを意識した動きとなりました。

また、17日には米モルガンスタンレーとその共同保有者による新たに5%超える大量保有報告やSBIグループによる純投資目的とみられる買い増しの動きも明らかになっており、こちらを材料視する向きもあるようです。

 

[4344] ソースネクスト 613円 前日比+51(+9.07%)

急反発。昨晩のTV番組で、同社の「ポケトークW」が取り上げられており、あらためて「ポケトークW」販売拡大による業績成長への期待が高まっているもようです。

外国人旅行客に立ちはだかる言葉の壁に対応して、9月に発売したAI翻訳機「ポケトークW」を取り入れる企業が急増、翻訳できる言語は74で、古い機種も合わせて1年弱で20万台を売り上げたなどとされています。

 

[2326] デジタルアーツ 6,440円 前日比+280(+4.55%)

大幅反発。この日、12月11日頃から国内で13万通以上拡散されたと考えられる楽天市場を装ったばらまき型メールの解析情報を公開しました。

この脅威に対して、同社のWebセキュリティーソフト「i-FILTER」Ver.10、メールセキュリティーソフト「m-FILTER」Ver.5および両製品のクラウドソリューションである「DigitalArts Cloud」のいずれにも搭載されているホワイトリストデータベースの機能を利用することで、未然にブロックが可能であると実証できたとしたことが好感されているようです。