10日の東京株式市場は主力株をはじめ広範囲に買い優勢の展開となり、日経平均は3日続伸。ただ、朝方大きく買われた後は伸び悩む形となりました。

 

大引けの日経平均株価は前営業日比68円11銭高の2万7888円15銭と3日続伸。

 

東証1部の売買高概算は10億8759万株、売買代金概算は2兆6076億円。値上がり銘柄数は1311、対して値下がり銘柄数は790、変わらずは88銘柄でした。

 

きょうの東京市場は、朝方はリスク選好の買いが優勢な流れとなり、日経平均は一時300円を超える上昇で2万8000円台に乗せる場面もありました。

 

しかし、その後は戻り売りに押される形で急速に値を消し、後場は小幅ながらマイナス圏に沈む瞬間がありました。

 

国内での新型コロナウイルスの感染者数増加に歯止めがかからないことから経済活動に与える影響が警戒されているほか、米株価指数先物が軟調な動きをみせ、これを横目に買いの気勢が削がれました。

 

ただ、上値は重いものの、下値では値ごろ感からの買いが入り全体相場を支えました。

 

後場後半は再び買いが優勢となり、日経平均はプラス圏で着地。好決算絡みの銘柄が買われ、個別にはストップ高銘柄が相次ぐなど物色意欲は旺盛。売買代金も8月に入ってからは最高でした。