本日株価が大きく変動した銘柄の中から当サイトがピックアップした銘柄に関するニュースをお送りします。

 

[8257]山陽百貨店  2,061円  +400 円 (+24.1%) ストップ高

山陽百貨店がストップ高。親会社である山陽電気鉄道<9052>が13日の取引終了後、同社の完全子会社化を目指して1株2630円でTOBを実施すると発表。TOB価格にサヤ寄せする格好となりました。

山陽電は現在、直接、間接合わせて山陽百株式の53.03%を所有していますが、完全子会社化することで不動産の権利関係の整理や老朽化した設備の更新とリモデルへの対応、百貨店の事業戦略の遂行などの課題を解決し、グループの企業価値の向上を図るのが狙いだと思われます。

買付予定数は38万4746株(下限11万7384株、上限設定なし)で、買付期間は1月14日から3月1日まで。

なおTOB成立後、山陽百は所定の手続きを経て上場廃止となる予定で、これを受けて東京証券取引所は、山陽百株式を1月13日付で監理銘柄(確認中)に指定しています。

 

[7807]幸和製作所  1,016円  +150 円 (+17.3%) ストップ高

幸和製作所はストップ高。午後1時ごろ、21年2月期の連結業績予想について、売上高を49億9800万円から52億4400万円(前期比12.5%減)へ、営業利益を1億500万円から3億3200万円(前期1億3100万円の赤字)へ、純利益を4200万円から2億4400万円(同3億6700万円の赤字)へ上方修正したことが好感された模様です。

昨年春の緊急事態宣言解除後に受注が緩やかに回復していることに加えて、同社製品が生活必需品であることや新商品の販売効果もあり、需要が予想を超えて回復に向かっていることが要因だと思われます。

また、業務効率化や固定費抑制を図ったことも寄与する。なお、同時に発表した第3四半期累計(3~11月)決算は、売上高40億4500万円(前年同期比15.8%減)、営業利益3億2400万円(同5.0倍)、純利益2億7100万円(前年同期1億5900万円の赤字)でした。

 

[8095]イワキ  643円  +93 円 (+16.9%)  東証1部 上昇率トップ

イワキが急伸して昨年来高値を更新しました。

13日の取引終了後、21年11月期連結業績予想を発表しており、売上高730億円(前期比11.7%増)、営業利益26億円(同27.8%増)を見込み、年間配当を前期比2円増の18円としたことが好感されました。

ファインケミカル事業では、バイオ・高薬理活性医薬品市場の拡大に伴う外部委託需要が高まることが想定されることから、最適な営業体制の構築による営業力の向上と案件獲得を推進します。

また、HBC(ヘルス&ビューティーケア)・食品事業では、通販化粧品分野において引き続き積極的なプロモーション活動及び新製品開発に取り組むほか、子会社化したマルマンH&Bとシナジーを創出することで営業最高益更新を目指すとしています。

なお、20年11月期決算は、売上高653億4100万円(前の期比6.0%増)、営業利益20億3500万円(同4.1%減)でした。

また、同時に発表した23年11月期を最終年度とする中期経営計画で、最終年度に連結売上高820億円、営業利益42億円を目指すとしたことも意欲的な計画との見方から好材料視された。更に、持ち株会社体制へ変更し、6月1日付で新商号を「アステナホールディングス」とすることも発表しました。