7日の東京株式市場は景気敏感株を中心に買いが優勢となり、日経平均は小幅ながらプラス圏で引けました。主力銘柄の上値は重かったものの、値上がり銘柄数は多いです。

 

大引けの日経平均株価は前営業日比34円16銭高の2万9730円79銭と小幅反発。東証1部の売買高概算は10億8380万株、売買代金概算は2兆5516億3000万円。値上がり銘柄数は1839、対して値下がり銘柄数は310、変わらずは41銘柄でした。

 

きょうの東京市場は、前日の米国株市場でNYダウなど主要株指数が揃って軟調だったことや、外国為替市場でのドル安・円高などが逆風材料として意識されたが、前日に日経平均株価が400円近い下落をみせていた反動もあって値ごろ感からの押し目買いが優勢となりました。

 

IMFが21年の世界経済見通しについて経済成長率を6.0%成長に上方修正したことで、景気回復への期待感が強まり、鉄鋼や海運、非鉄といった景気敏感株への買いが目立ちました。

 

国内で新型コロナウイルスの感染者数が大阪府を中心に増加傾向にあることが警戒されているほか、2月決算企業の決算発表を見極めたいとの思惑などが上値を重くしたものの、個別には値上がり銘柄数が多く、TOPIXは上昇率で日経平均を大きく上回って着地してます。