19日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり18銘柄、値下がり203銘柄、変わらず4銘柄となりました。

 

日経平均は大幅に4日続落。16日の米国市場でNYダウは3日ぶりに反落し、299ドル安となりました。

 

7月のミシガン大学消費者信頼感指数が予想外に低下したうえ、新型コロナウイルスデルタ株の感染が急増し、景気減速への懸念が広がりました。

 

また、国内でも東京都の新型コロナ新規感染者数が連日で1000人を超えており、週明けの日経平均は339円安からスタートすると、前引けにかけて27493.63円(前週末比509.45円安)まで下落する場面がありました。

 

後場やや下げ渋ったが、週後半の連休を前に押し目買いの動きは限られました。

 

大引けの日経平均は前週末比350.34円安の27652.74円となりました。

 

終値としては5月13日以来の安値水準となる。東証1部の売買高は9億5163万株、売買代金は2兆0666億円。

 

業種別では、空運業、鉄鋼、電気機器が下落率上位で、その他も全般軟調。医薬品のみ小幅に上昇。東証1部の値下がり銘柄は全体の87%、対して値上がり銘柄は10%となりました。