20日の東京株式市場はリスクオフの流れが継続し日経平均株価は5日続落で2万7000円台前半まで水準を切り下げ、約半年ぶりの安値に沈みました。

 

大引けの日経平均株価は前営業日比264円58銭安の2万7388円16銭と5日続落。

 

東証1部の売買高概算は10億8646万株、売買代金概算は2兆3941億円。値上がり銘柄数は441、対して値下がり銘柄数は1656、変わらずは95銘柄でした。

 

きょうの東京市場は前日の欧米株市場が軒並み軟調だったことを受けリスクを回避する売り圧力が継続。

 

押し目買いニーズも限定的で、日経平均は2万7300円台まで売り込まれました。

 

米長期金利が1.2%台割れと急低下し、日米金利差縮小を背景に外国為替市場で1ドル=109円台半ばまで急速にドル安・円高が進んだことが嫌気されました。

 

また、新型コロナウイルスのインド型変異株であるデルタ株の感染拡大が懸念され、景気敏感株を中心に売りが優勢。

 

前場は半導体関連の一角が買われたことなどを背景に下げ渋ったものの、買いが続かず後場は再び下げ幅を広げました。

 

業種別では東証33業種中で精密と食料品を除く31業種が安く、個別ベースでも東証1部全体の75%強の銘柄が下落するなど地合いの悪さが際立ちました。