10日の東京株式市場は、様子見ムードが漂うなか日経平均は頑強な値動き。寄り付きこそ安く始まったもののその後は切り返しました。しかし上値も重い展開です。

 

大引けの日経平均株価は前営業日比97円76銭高の2万8958円56銭と3日ぶり反発。

 

東証1部の売買高概算は10億2805万株、売買代金概算は2兆4042億円。値上がり銘柄数は991、対して値下がり銘柄数は1066、変わらずは136銘柄でした。

 

きょうの東京市場は、前日の米国株市場でNYダウが3日続落したほか、ナスダック総合指数も終盤失速してマイナス圏で引けたことで、朝方取引開始前は手控え感が強くなりました。

 

しかし売り圧力は限定的であり、安かったのは取引開始直後のみで、すぐにプラス圏に浮上。新型コロナワクチンの普及が進んでいることから、経済活動が正常化することへの期待が全体相場を支えました。

 

ただ一方で、あすにメジャーSQ算出を控え上値も重く、日本時間今晩に発表される5月の米消費者物価指数の結果を見極めたいとの思惑もあり、買いポジションを積極的に高める動きは見られませんでした。

 

日経平均は後場も高値圏で売り物を吸収し売買代金も増勢ながら、値下がり銘柄数が1000を超え、値上がり銘柄数を上回った。なお、TOPIXはわずかながら前日終値を下回って着地しています。