日経平均は大幅に3日続落。13日の米国市場でNYダウは15ドル高と小幅に4日続伸し、連日で過去最高値を更新しました。

 

ただ、8月のミシガン大学消費者態度指数が大きく低下し、長期金利は再び1.3%割れ。

 

日本国内でも新型コロナウイルスの感染拡大が続いており、アフガニスタン情勢を巡る地政学リスクの高まりなども嫌気され、週明けの日経平均は171円安からスタートしました。

 

中国の経済指標が市場予想を下回ると下げ幅を一段と広げ、後場の寄り付き直後には27427.38円(前週末比549.77円安)まで下落する場面もありました。

 

大引けの日経平均は前週末比453.96円安の27523.19円。東証1部の売買高は10億3655万株、売買代金は2兆3230億円でした。

 

業種別では、パルプ・紙、倉庫・運輸関連業、サービス業が下落率上位で、その他も全般軟調。

 

上昇したのは海運業と空運業の2業種のみだった。東証1部の値下がり銘柄は全体の89%、対して値上がり銘柄は9%となりました。