23日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり198銘柄、値下がり23銘柄、変わらず4銘柄となりました。

 

日経平均は3日ぶり大幅反発。20日の米国市場でNYダウは4日ぶりに反発し、225ドル高となりました。

 

引き続き経済の先行き懸念がくすぶっていたが、金融緩和の早期縮小への警戒感が和らいだこともあり、買い戻しの動きが優勢でした。

 

前週に960円あまり下落していた日経平均も米国高を受けて自律反発が期待され、週明けの本日は179円高からスタート。

 

このところ軟調だった香港・上海株が反発したことも支援材料となって上げ幅を広げ、後場には27541.63円(前週末比528.38円高)まで上昇する場面もありました。

 

大引けの日経平均は前週末比480.99円高の27494.24円。東証1部の売買高は9億4416万株、売買代金は2兆3103億円でした。

 

業種別では、海運業、輸送用機器、電気機器が上昇率上位で、その他も全般堅調。鉱業のみ若干ながら下落しました。東証1部の値上がり銘柄は全体の89%、対して値下がり銘柄は9%となりました。