本日株価が大きく変動した銘柄の中から当サイトがピックアップした銘柄に関するニュースをお送りします。

[4583] カイオム 351円 前日比+80(+29.52%)S高

ストップ高。[4528]小野薬品工業と新規抗体作製及び抗原・タンパク質調製等に関わる追加の業務委受託契約を締結したと発表しました。

5月15日公表済みの委受託契約を発展させ、研究リソースを社内に確保し、小野薬品の創薬支援を行うことが目的です。

今回の契約締結により、より安定的かつ迅速に小野薬品の研究部門に対する創薬支援業務の遂行が可能になるといいます。

 

[3906] ALBERT 13,750円 前日比+2,280(+19.88%)

急伸で上場来高値更新。[8766]東京海上HD傘下の東京海上日動火災保険と資本業務提携契約の締結を発表しました。

損保領域でのデータ分析やアルゴリズム開発、システム実装に加え、人工知能を活用した業務効率化などの実施を目指します。

東京海上日動は、ウィズ・アジア・エボリューションファンド投資事業有限責任組合からALBERT株4万6800株(発行済み株式総数の1.66%)を譲り受けます譲渡価額は約5億円です。

 

[3396] フェリシモ 1,457円 前日比+138(+10.46%)

急反騰し年初来高値を更新。同社は1日の取引終了後、第2四半期累計(3~8月)連結業績について、営業利益が2,600万円から2億6,900万円(前年同期比41.6%減)へ、純利益が4,900万円から3億7,000万円(同25.1%減)へ上振れて着地したようだと発表しており、これを好感した買いが入っています。

定期便(コレクション)事業において顧客数が想定を下回ったことで、売上高は145億1,500万円から135億9,800万円(同4.9%減)へ下振れましたが、売上高総利益率の改善や、定期便事業における出荷件数の減少および配送方法の見直しに伴うコストの減少、さらに広告費の減少などにより利益は計画を上振れたとしています。

 

[2440] ぐるなび 1,021円 前日比+89(+9.55%)

後場に入って急伸。同社はきょう、インスタグラムとレストラン予約機能で連携すると発表しました。これが材料視されているようです。

インスタグラムが同日に日本導入を発表した「アクションボタン」に、国内初のパートナーとして同社のレストラン予約システムを提供しました。

今後、国内の飲食店はインスタグラムのビジネスプロフィール上に「席を予約する」ボタンを追加できるようになり、この機能を導入することで、利用者はレストランやカフェを発見するところから、予約というアクションに至るまでを、アプリを閉じることなくインスタグラム上で完結することが可能になります。

 

[3131] シンデン・ハイテックス 1,724円 前日比+139(+8.77%)

大幅反発。11万株(1.87億円)を上限に自社株を取得すると発表。発行済株式総数(自社株を除く)に対する割合は5.26%です。

取得期間は2日から19年1月31日まで。資本効率の向上と経営環境の変化に対応した機動的な資本政策の遂行を図ると共に株主還元を強化します。

8月20日に年初来安値(1483円)を付けてから、株価が戻り歩調にあることも買い安心感につながっているようです。