30日の東京株式市場は、朝方は買い優勢でスタートし日経平均は一時2万9000円台目前まで上昇したが、その後は値を消す展開となりました。

 

大引けの日経平均株価は前営業日比21円08銭安の2万8791円53銭と3日続落。

 

東証1部の売買高概算は9億6336万株、売買代金概算は2兆3477億円。値上がり銘柄数は786、対して値下がり銘柄数は1296、変わらずは108銘柄でした。

 

きょうの東京市場は、朝方はリスクを取る動きが優勢だったが買いは続きませんでした。

 

前日の米国株市場でハイテク株比率の高いナスダック総合指数や半導体銘柄で構成されるフィラデルフィア半導体株指数(SOX指数)が過去最高値を更新したことで、東京市場でもそれに追随する動きをみせたが、寄り後ほどなくして日経平均は急速に値を消す展開となりました。

 

 

引き続き2万9000円近辺では売り圧力に跳ね返される展開となっています。

週末の米雇用統計の結果を見極めたいとの思惑に加え、国内外で新型コロナウイルス変異株(デルタ株)に感染するケースが増加しており警戒感が強い。鉄鋼株などが下げたほか、不動産、小売りなど内需株にも売りがかさみました。

 

きょうは6月最終売買日であり、日経平均が安く引けたことで10カ月連続の“月末安”となりました。