日経平均は3日続伸。10日の米国市場でNYダウは464ドル高と4日続伸し、過去最高値を更新しました。

2月の消費者物価指数(CPI)がインフレ抑制を示し、下院が1.9兆ドルの追加経済対策を可決したことも好感されました。

一方、10年債入札が低調な結果で長期金利が下げ止まり、ナスダック総合指数は下落。本日の日経平均も値がさハイテク株の売りが先行して2円安からスタートしましたが、NYダウの高値更新やアジア株の上昇で投資家心理が上向き、後場には29255.42円(前日比218.86円高)まで上昇する場面がありました。

大引けの日経平均は前日比175.08円高の29211.64円となりました。東証1部の売買高は13億7793万株、売買代金は2兆8692億円でした。

業種別では、海運業、非鉄金属、電気・ガス業が上昇率上位でした。一方、ゴム製品、陸運業、空運業が下落率上位だった。東証1部の値上がり銘柄は全体の71%、対して値下がり銘柄は26%となりました。