日経平均は4日ぶり大幅反発。13日の米国市場でNYダウは4日ぶりに反発し、433ドル高となりました。

 

4月の卸売物価指数(PPI)の伸びは市場予想を上回ったが、消費者物価指数(CPI)の大幅な上振れを見た後だけに想定内と受け止められました。

 

長期金利の上昇は一服し、失業保険申請件数の減少なども好感。本日の日経平均はこうした流れを引き継いで275円高からスタートすると、前日までの3日間で2000円あまり下落した反動から上げ幅を拡大。

 

引けにかけて28139.96円(前日比691.95円高)まで上昇する場面があった。

 

大引けの日経平均は前日比636.46円高の28084.47円となりました。

 

なお、オプション5月物の特別清算指数(SQ)は27748.22円。東証1部の売買高は12億6620万株、売買代金は2兆8867億円。

 

業種別では、精密機器、その他金融業、その他製品が上昇率上位だった。一方、パルプ・紙、鉄鋼など4業種が下落した。東証1部の値上がり銘柄は全体の82%、対して値下がり銘柄は16%となりました。